2019.6.7 21:54

強風に苦しんだ国枝「相手は崩れなかった」/全仏テニス

強風に苦しんだ国枝「相手は崩れなかった」/全仏テニス

特集:
全仏オープン
車いすの部男子シングルスで準決勝進出を決めた国枝慎吾=パリ(共同)

車いすの部男子シングルスで準決勝進出を決めた国枝慎吾=パリ(共同)【拡大】

 テニスの全仏オープン車いすの部は7日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準決勝で2連覇を狙った第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)は2016年リオデジャネイロ・パラリンピック金メダリストのゴードン・リード(英国)に6-2、6-7、2-6で逆転負けした。

 車いすの部男子シングルス準決勝で国枝は強風に苦しみ、2016年リオデジャネイロ・パラリンピック王者のリードに逆転負けを喫した。

 第1セットは簡単に奪ったが、第2セット以降は赤土が高く舞うほどの風にサーブのコントロールを失った。「自分はサービスゲームが安定しなかったのに対し、相手は崩れなかった。そこでの差が出た」と敗戦を受け入れた。(共同)

  • 車いすの部男子シングルス準決勝で敗退し、ラケットを片付ける国枝慎吾=パリ(共同)
  • 車いすの部男子シングルス準決勝英国選手に敗れた国枝慎吾=パリ(共同)
  • 車いすの部男子シングルスで準決勝進出を決めた国枝慎吾=パリ(共同)