2019.6.5 09:00

19歳の快進撃止まらず マルティッチに雪辱「ローランギャロスは幸運な場所」/全仏テニス

19歳の快進撃止まらず マルティッチに雪辱「ローランギャロスは幸運な場所」/全仏テニス

特集:
全仏オープン
女子シングルスで準決勝進出を決めたマルケタ・ボンドロウソバ=パリ(ゲッティ=共同)

女子シングルスで準決勝進出を決めたマルケタ・ボンドロウソバ=パリ(ゲッティ=共同)【拡大】

 テニスの全仏オープン第10日は4日、パリのローランギャロスで行われた。

 快進撃が止まらない。19歳のボンドロウソバが女子シングルスのノーシードから準決勝まで勝ち上がった。四大大会では昨年の全米オープン16強が最高成績。4月のイスタンブール・カップ決勝で屈したマルティッチに雪辱し「ローランギャロスは幸運な場所」と笑顔だった。

 第1セットで3連続のセットポイントのピンチをしのぐなど粘りが光るサウスポー。上位シード選手が敗退する追い風も吹き、5試合全てストレート勝ちと勢いに乗っている。(共同)

試合結果へ

  • 女子シングルスで準決勝進出を決めたマルケタ・ボンドロウソバ=パリ(AP)