2019.6.4 21:19

全柔連、新理事候補に金野氏ら 山口監事は退任へ

全柔連、新理事候補に金野氏ら 山口監事は退任へ

 全日本柔道連盟(全柔連)は4日の理事会で、21日の評議員会で改選される新理事候補を承認し、中里壮也専務理事(61)ら29人が選ばれた。世界選手権(8月開幕・日本武道館)や来年の東京五輪を見据え、金野潤強化委員長(52)や大迫明伸審判委員長(58)らが新たに名を連ねた。

 全柔連理事は就任時に70歳未満とする定年制が導入されており、暴力指導問題や助成金不正受給など相次ぐ不祥事からの組織再建に尽力した元大阪府警本部長の近石康宏副会長(70)は外れた。女性は参院議員の橋本聖子氏(54)ら4人で変わらず、元世界女王の山口香監事(54)は任期満了により退任となる。