2019.6.3 14:26

神野大地、MGCの鍵は最後の上り坂 「勝機はそこ」/陸上

神野大地、MGCの鍵は最後の上り坂 「勝機はそこ」/陸上

会見に出席した神野大地

会見に出席した神野大地【拡大】

 日本陸連が3日、2020年東京五輪マラソン代表を決める9月15日の「グランドチャンピオンシップ(MGC)」出場選手発表会見を東京都内で行い、男子の神野大地(25)=セルソース=が出席した。上位2人に与えられる五輪切符獲得を目指すプロランナーは「日々の継続がMGCの結果になる。そう信じてやりたい」と決意を込めた。

 2週間前にコースを試走した“山の神”は、最後の5キロの上り坂をキーポイントに挙げた。「そこで10番手でもチャンスはある。逆転満塁ホームランを打ちたい。勝機はそこにある」と見据えた。

 間もなくマラソン練習に着手し、7月下旬から約1カ月間は標高2000メートル超のケニアで走り込む。日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)らとの争いに向けて「雲の上の存在という意識はない。対等な力を付けている段階」と言葉に力を込めた。