2019.6.1 17:06

桐生祥秀、追い風味方に9秒台へ「狙ってもいい」/陸上

桐生祥秀、追い風味方に9秒台へ「狙ってもいい」/陸上

会場で記者会見に臨んだ桐生祥秀

会場で記者会見に臨んだ桐生祥秀【拡大】

 陸上の布勢スプリント(鳥取・コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク陸上競技場)に臨む男子100メートル日本記録保持者の桐生祥秀(23)=日本生命=が開幕前日の1日、会場で記者会見し、「コンディションは良い。9秒台を狙ってもいい」と言葉に力を込めた。

 主催者によると、2日は午後にかけて南風が強まる予報で、追い風でのレースとなるようにバックストレートが採用される見込みだ。

 「(風向きや走路を)僕がコントロールしようはない」と桐生。27日に開幕する日本選手権(福岡)前の最後のレースで、自らの走りに集中する。

 5月のセイコー・ゴールデングランプリ大阪では、世界王者のジャスティン・ガトリン(米国)に0秒01差の10秒01をマークした。映像でレースを見返したところ、80メートル過ぎから上半身が反り返り、ピッチが遅くなったという。今大会では、その課題の修正も狙いの一つとする。

 「欲しいのは記録。準備はできている」と土江寛裕コーチ。今季は4月のアジア選手権を制すなど好調の第一人者は「タイムと自分の走りに集中したい」と表情を引き締めた。