2019.5.29 16:09

斉藤立、初のシニア国際大会 東アジア選手権に出場へ/柔道

斉藤立、初のシニア国際大会 東アジア選手権に出場へ/柔道

斉藤立

斉藤立【拡大】

 全日本柔道連盟は29日、東アジア選手権(6月1、2日・韓国)に出場する日本代表を発表し、五輪王者の故斉藤仁氏の次男で100キロ超級の17歳、斉藤立(東京・国士舘高)が選ばれた。関係者によると、シニアの国際大会出場は初となる。

 将来性抜群の大器として注目される斉藤は190センチ、155キロの体格で、豪快な体落としや内股を得意とする。体重無差別で日本一を争う4月の全日本選手権には史上最年少の17歳1カ月で出場。3回戦まで進んだ。