2019.5.26 20:20

泉谷駿介「対校戦で気持ちが高ぶっていたのかな」 110障害と三段跳びで二冠/陸上

泉谷駿介「対校戦で気持ちが高ぶっていたのかな」 110障害と三段跳びで二冠/陸上

 陸上の関東学生対校選手権最終日は26日、相模原ギオンスタジアムで行われ、男子三段跳びは泉谷駿介(順大)が16メートル08で、110メートル障害に続いて優勝した。

 男子110メートル障害、三段跳びの2冠に加え、走り幅跳びでも2位と大活躍した泉谷は「何で調子がいいか分からないけど、対校戦で気持ちが高ぶっていたのかな」と笑顔を見せた。

 普段はハードルと跳躍の練習を「5対5」の割合でこなす。それぞれに費やす時間は限られるが、トップ選手の動画を見て補っているという。多彩なセンスを発揮し「ここまで記録も順位もいくと思っていなくて、びっくりしている」とうれしそうだった。