2019.5.24 05:00

木村翔、中国へ出発「ベルトとり、もっと有名になる」/BOX

木村翔、中国へ出発「ベルトとり、もっと有名になる」/BOX

中国へ出発した木村

中国へ出発した木村【拡大】

 プロボクシングの前WBO世界フライ級王者の木村翔(30)=青木=が23日、WBA世界ライトフライ級タイトルマッチが行われる中国・江西省撫州市に羽田空港発の航空機で出発した。26日に同級王者のカルロス・カニサレス(26)=ベネズエラ=と対戦する。

 1階級下げて2階級制覇に挑む異例の挑戦だが、減量は順調でリミットの48・9キロまで残り1・5キロ。順調に仕上がった木村は「やり残したことはない。挑戦者なのでKOを狙う」と決意を表明した。

 2017年7月に中国の人気ボクサー、鄒市明から王座を奪取したことで、現地では有名な日本人アスリートの一人となった。今回の試合が決まると、ジムを訪れる中国人観光客が激増したという。木村は「ベルトをとれば、人気に火が付いて、もっと有名になれる。結果を残して帰ってくる」と力強く話した。 (伊藤隆)

  • プロボクシング・WBA世界ライトフライ級(リミット48.9キロ)タイトルマッチ