2019.5.23 12:49

宮本大輔、手負いの状態で10秒29「まあまあです」/陸上

宮本大輔、手負いの状態で10秒29「まあまあです」/陸上

男子100メートルで予選を突破した宮本大輔(右端)

男子100メートルで予選を突破した宮本大輔(右端)【拡大】

 陸上・関東学生対校選手権 第1日(23日、相模原ギオンスタジアム)男子100メートル予選2組で、2連覇を狙う宮本大輔(20)=東洋大=が追い風1・6メートルで10秒29を記録し、全体トップで24日の準決勝に進んだ。12日まで行われた世界リレーの日本代表に名を連ねた大学2年生は「まあまあです」とレースを振り返った。

 世界リレー後に左膝を負傷し、患部にテーピングを施した。十分な練習を積めずに迎え、終盤は流して走りながら、自己ベストの10秒23に0秒06まで迫った。

 「いい準備はできていない。これが現実。100メートルと4継で連覇を目指している。今ある力を出し切れれば」と視線を前に向けた。