2019.5.21 15:25

亀田興毅氏、那須川天心とボクシングで対戦「なめとったらあかん」

亀田興毅氏、那須川天心とボクシングで対戦「なめとったらあかん」

特集:
亀田興毅
亀田興毅氏

亀田興毅氏【拡大】

 プロボクシング元3階級制覇の亀田興毅氏(32)が、6月22日にインターネットテレビ局、AbemaTVの企画でキックボクシング界の「神童」那須川天心(20)とボクシングルールで対戦することが21日、発表された。

 興毅氏は那須川が昨年大みそかの「RIZIN・14」で、元世界5階級制覇のフロイド・メイウェザー(42)=米国=と3分3回の蹴り技なしのエキシビションマッチに臨み、1回で3度のダウンを奪われTKO負けを喫したことに触れ、「ほんまにすごいと思った。さすがに僕も1回でKOされます」と敬意を示した。

 那須川がボクシングを行うことについては、「キックボクサーでボクシングをやるなんて、なにをなめてんのかと思っていた。でも試合を見て意外と強いなと思った。なめとったらあかんな。レベルも高い。リスクがあるからしっかり鍛えておかなあかん。でも自信がなかったならここに来ない」と警戒した。

 1カ月後の決戦に向け「禁酒せなあかん。親父(史郎氏)にもよう怒られてる。ハイボールが恋しい。プロである以上はそれなりの体を作ってリングに上がらないと格好悪い。ボクシング界の人間として、ボクサーとして恥ずかしくない試合をしないといけない」と気を引き締めた。