2019.5.18 13:59

村上茉愛、NHK杯を涙の棄権 世界選手権出場は絶望的/体操

村上茉愛、NHK杯を涙の棄権 世界選手権出場は絶望的/体操

体操のNHK杯を棄権し、スタンドから試合を見つめる村上茉愛=武蔵野の森総合スポーツプラザ

体操のNHK杯を棄権し、スタンドから試合を見つめる村上茉愛=武蔵野の森総合スポーツプラザ【拡大】

 体操・NHK杯第1日(18日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)世界選手権(10月、シュツットガルト)代表選考会を兼ねて女子個人総合が行われ、昨年の世界選手権個人総合銀メダリストの村上茉愛(22)=日体ク=は棄権し、代表入りは絶望的となった。この日の公式練習には参加したが、腰の痛みが引かず、涙を浮かべる場面もあった。4月の全日本選手権で2位だった村上は3連覇が懸かっていた。

 日本体操協会の代表5人の選考基準で、女子は今大会で少なくとも12位以内に入る必要がある。今大会は4月の全日本選手権の得点を持ち点に争われ、村上は全日本で4位だった。日本女子は今年の世界選手権で来年の東京五輪団体総合出場枠獲得を目指している。