2019.5.17 18:41

米CNN、失格のキリオスは「椅子をコート中央に向かって投げた」/テニス

米CNN、失格のキリオスは「椅子をコート中央に向かって投げた」/テニス

 16日にローマで行われたテニスのイタリア国際で男子シングルス世界ランキング36位のニック・キリオス(24)=オーストラリア=がカスパー・ルード(20)=ノルウェー=との2回戦、セットカウント1-1で迎えた第3セットに審判の判定に激怒して椅子を投げるなどし、失格になった。 

 米CNN国際版は16日、「ニック・キリオス、イタリア国際で椅子を投げる」との見出しを打って、「そのオーストラリア人選手はカスパー・ルードとのイタリア国際2回戦で退場を命じられた」と報じた。

 CNNは「キリオスは最終セットで自身のサーブをブレークされた際、観客に向かって大声を上げるとスポーツマンシップに反する行為だとされゲームペナルティを課せられた」とし、「彼はその後、地面に向かって自身のラケットを投げつけ水のボトルを蹴飛ばすと、椅子をコート中央に向かって投げ捨て『もう終わりだ』と言い放った」と伝えた。

 ATPの規則によると、放棄した選手は大会期間中の全ての賞金、宿泊設備、発生したポイントの権利を失うという。