2019.5.17 21:17

荒磯親方、貴景勝にエール「強いお相撲さんはけがをしてさらに強くなる」/夏場所

荒磯親方、貴景勝にエール「強いお相撲さんはけがをしてさらに強くなる」/夏場所

特集:
貴景勝
大相撲夏場所の升席を訪れ、来場者にバラの花束をプレゼントする元横綱稀勢の里の荒磯親方(左)=17日、両国国技館

大相撲夏場所の升席を訪れ、来場者にバラの花束をプレゼントする元横綱稀勢の里の荒磯親方(左)=17日、両国国技館【拡大】

 大相撲の荒磯親方(元横綱稀勢の里)は夏場所6日目の17日、右膝負傷により5日目から休場した新大関貴景勝について「けがの功名ということもある。また強い貴景勝に戻って、帰ってきてほしい」と温かいエールを送った。

 荒磯親方は新横綱だった2年前の春場所13日目に左大胸筋などを負傷しながら、千秋楽まで強行出場して逆転優勝。しかし代償は大きく、その後はけがの影響で本来の力を出せず、今年1月の初場所限りで引退した。

 無理をせずに負傷翌日から休場を決断した貴景勝に対し、荒磯親方は「強いお相撲さんはけがをして(さらに)強くなる。違う部分を鍛え直すこともできるし、いいきっかけになればいい」と前向きな見解を示した。

6日目結果へ7日目取組へ