2019.5.17 19:56

幕内で令和初の取り直し 松鳳山「そんなに際どかったかなあ」/夏場所

幕内で令和初の取り直し 松鳳山「そんなに際どかったかなあ」/夏場所

 大相撲夏場所6日目(17日、両国国技館)幕内で令和初の取り直しとなった一番は、錦木が2006年春場所初土俵の同期生との対決を制した。

 もろ差しで出た松鳳山と小手に振った錦木がともに土俵に崩れ、軍配は松鳳山。同体となっての取り直しで錦木は再びもろ差しを許したが、がっちりときめて押し出した。「(最初の一番は)ほぼ負けの体勢だった。おしりを擦りむいて痛いけど、粘ったかいがあった」と頬を緩めた。

 敗れた松鳳山は取り直しの判定に「そんなに際どかったかなあ。(2度目は)もろ差しで走ろうとしたら、がっちり挟まれた」と苦笑いだった。

6日目結果へ7日目取組へ