2019.5.17 18:57

荒磯親方、升席で花束贈呈「笑顔を見られてうれしい」/夏場所

荒磯親方、升席で花束贈呈「笑顔を見られてうれしい」/夏場所

 大相撲の荒磯親方(元横綱稀勢の里)が夏場所6日目の17日、日本相撲協会の新たなファンサービスとして、東京・両国国技館の升席を訪れて観客2組に赤いバラの花束をプレゼントし、大好評だった。

 花束を受け取る来場者は、会員制交流サイト(SNS)利用者から抽選で選ばれた。幕内取組前に館内に荒磯親方が姿を現すと、周囲は大歓声。同親方は「現役中は花をもらうことが多かったけど、渡すのもいいもの。あれだけ喜んでもらえて、笑顔を見られてうれしい」と好感触だった。

 相撲人気は継続し、ファンサービスも次々に展開。荒磯親方は企画について「現役中はあそこまで近くでお客さんと話すことがなかった。本当にいい機会」と歓迎した。

 花束をプレゼントされた大阪市淀川区の会社員、木南知穂さん(34)は荒磯親方のファンといい「人生で一番うれしい。約1年前から相撲観戦を始めたけど、いい企画だと思う」と感謝した。

6日目結果へ7日目取組へ