2019.5.16 21:06

鶴竜、文句なしの序盤「これを続けていくことが大事」/夏場所

鶴竜、文句なしの序盤「これを続けていくことが大事」/夏場所

支度部屋を出る鶴竜=両国国技館(撮影・桐原正道)

支度部屋を出る鶴竜=両国国技館(撮影・桐原正道)【拡大】

 大相撲夏場所5日目(16日、両国国技館)鶴竜が盤石の攻めで巨漢の碧山を退け、全勝を堅持した。突き、押しから一方的に寄り切り。6場所ぶり6度目の優勝に向けて文句なしで序盤を終え「良かった。これを続けていくことが大事」と穏やかに語った。

 新大関の貴景勝が休場した。寂しさを感じるかと問われ「場所に来れば自分の出番まで集中してやるだけ。自分は(相撲を)見る側じゃないんでね」と冷静にかわした。

 優勝争いを引っ張る一人横綱。本場所総見で両国国技館を訪れた横綱審議委員会の矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「責任を自覚して取っているのではないか。見かけは冷静だけど、静かな気迫を感じる」と絶賛した。

5日目結果へ6日目取組へ