2019.5.15 22:01

千賀ノ浦親方、貴景勝の負傷「痛いと言ったら無理はさせられない」/夏場所

千賀ノ浦親方、貴景勝の負傷「痛いと言ったら無理はさせられない」/夏場所

特集:
貴景勝
取組後、土俵に手をつき足を気にする貴景勝=両国国技館(撮影・桐原正道)

取組後、土俵に手をつき足を気にする貴景勝=両国国技館(撮影・桐原正道)【拡大】

 大相撲夏場所4日目(15日、両国国技館)新大関の貴景勝は小結御嶽海を寄り切り、連敗を免れて3勝目を挙げた。だがこの一番で右膝を負傷した。一人横綱の鶴竜は遠藤を押し出して4連勝。

 他の2大関は豪栄道が琴奨菊を上手投げで退けて3勝目。高安は北勝富士を突き出し、星を五分に戻した。1場所での大関復帰を狙う関脇栃ノ心は玉鷲を寄り切って4戦全勝。関脇逸ノ城は隠岐の海を寄り切って2勝2敗とした。

 勝ちっ放しは鶴竜、栃ノ心、平幕の朝乃山の3人となった。

貴景勝の師匠、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の話「明日(16日)にならないと分からない。痛いと言ったら無理はさせられない。痛かったら休ませる」

4日目結果へ5日目取組へ

  • 取組後、脚をかばいながら階段を降りる貴景勝=両国国技館 (撮影・菊本和人)
  • 御嶽海を寄り切った後、動かなくなる貴景勝=両国国技館 (撮影・菊本和人)
  • 御嶽海を寄り切った貴景勝=15日、両国国技館 (撮影・菊本和人)