2019.5.14 15:13

神野大地、再びケニアで合宿へ 7月下旬からMGCへ総仕上げ/陸上

神野大地、再びケニアで合宿へ 7月下旬からMGCへ総仕上げ/陸上

児童に囲まれながら、質問に答える神野大地

児童に囲まれながら、質問に答える神野大地【拡大】

 陸上男子マラソンの神野大地(25)=セルソース=が14日、神奈川・相模原市内の小学校でランニングの指導を行い、2020年東京五輪代表を決める9月15日の「グランドチャンピオンシップ(MGC)」前の合宿をケニアで行うことを明らかにした。

 7月下旬から約1カ月間、標高2000メートル超の高地で走り込む。これまでに2度同地で合宿を行っており、「確実に体は成長している。力は付いてきている」と実感を口にする。

 4月には標高2700メートルのエチオピアで1カ月弱の合宿を行った。帰国後の血液検査では、血液で酸素の運搬に重要な役割を果たすヘモグロビンの数値が上がっており、「今までで一番の数値」とうなずく。

 4日の「ゴールデンゲームズinのべおか」の1万メートル、12日の仙台国際ハーフマラソンと立て続けにレースに出た。ハーフの翌日に初めて筋肉痛が起こらなかったと明かし、ここでも高地合宿の成果を実感した。

 この日は講師として小学5、6年生に走り方を指導し、全校朝礼では講話を行った。「大きな目標を立てることも大事だけど、半歩先の目標を大切にしてほしい。一つずつクリアすることで少しずつ進んでいける」と、児童にメッセージを送った。