2019.5.13 05:04(1/3ページ)

桐生以来の衝撃!サニブラウン9秒99、20歳のいだてんが2人目“壁”突破/陸上

桐生以来の衝撃!サニブラウン9秒99、20歳のいだてんが2人目“壁”突破/陸上

日本勢2人目の9秒台をマークしたサニブラウン(中央)。リレーでも個人でも東京五輪へ期待は膨らむ(共同)

日本勢2人目の9秒台をマークしたサニブラウン(中央)。リレーでも個人でも東京五輪へ期待は膨らむ(共同)【拡大】

 陸上・米大学南東地区選手権(11日、米アーカンソー州フィエットビル)男子100メートル決勝で20歳のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が追い風1・8メートルの条件下、日本歴代2位の9秒99をマークして優勝した。2017年9月に9秒98の日本記録を樹立した桐生祥秀(23)=日本生命=に続き、日本勢2人目の9秒台となった。自己ベストを0秒06更新し、20年東京五輪の参加標準記録(10秒05)を突破した。

 20歳の大器には、10秒の壁などないのかもしれない。「9秒99」。サニブラウンが掲示板を確認して浮かべたのは、しかめっ面だった。フロリダ大で腕を磨く2年生は、いたって冷静。冗談を交えてさらりと言った。

 「(9秒)99なんで、ほぼ誤差かな。そんなに速く走っている感じはなかった」

 他の選手の不正でスタートがやり直しになっても、心は波立たない。号砲に鋭く反応する。これまで低く保とうとしていた上体を自然に起こして加速。ラスト20メートルは疲れでストライドが間延びした感触が残った。それでも、自己ベストを0秒06縮めた。日本勢の100メートルで初めて2020年東京五輪の参加標準記録を突破。同走したチームメートと抱き合い、桐生に次いで日本勢2人目となった9秒台の余韻に浸った。

【続きを読む】

  • 陸上の米大学南東地区選手権男子100メートルで9秒99をマークし、笑顔を見せるサニブラウン・ハキーム(右)=11日、米アーカンソー州フェイエットビル(共同)
  • 男子100メートル決勝9秒99で優勝したサニブラウン・ハキーム=フェイエットビル(共同)
  • 陸上・男子100メートル日本歴代10傑