2019.5.12 18:58

サニブラウンに期待の声 国際陸連会長「信じられない才能持っている」

サニブラウンに期待の声 国際陸連会長「信じられない才能持っている」

2015年7月、陸上の世界ユース選手権で獲得した2個の金メダルを見せるサニブラウン・ハキーム=東京都世田谷区

2015年7月、陸上の世界ユース選手権で獲得した2個の金メダルを見せるサニブラウン・ハキーム=東京都世田谷区【拡大】

 陸上男子100メートルでフロリダ大のサニブラウン・ハキームが日本選手2人目の9秒台となる9秒99をマークしたことを受け、世界リレー大会が開催されている横浜市に集まっている関係者からはさらなる好記録を期待する声があがった。

 日本歴代5位となる10秒02のタイムを持つ朝原宣治さんは「驚かないくらいに期待が大きかった。ついに出たけど、やっぱりという気持ちもある」と冷静に受け止めた。2020年東京五輪を21歳で迎える大器を「ぴったり照準を合わせてきたら、個人でもメダルを狙えると思っている」と評価した。

 日本陸上競技連盟の土江寛裕五輪強化コーチも「いつでも(9秒台が)出る選手だと思っていた」と驚いた様子はない。6月下旬に福岡で開催される日本選手権では「もっととんでもないタイムが出るんじゃないか」と大幅な記録更新の可能性を口にした。

 国際陸上競技連盟のセバスチャン・コー会長は20歳の大器について「彼は信じられない才能を持っている」と繰り返して強調した。

  • 陸上の米大学南東地区選手権男子100メートルで9秒99をマークし、笑顔を見せるサニブラウン・ハキーム(右)=11日、米アーカンソー州フェイエットビル(共同)
  • 陸上の米大学南東地区選手権男子100メートルで9秒99をマークしたサニブラウン・ハキーム(中央)。日本人2人目の9秒台となった=11日、米アーカンソー州フェイエットビル(共同)
  • 男子100メートル決勝9秒99で優勝したサニブラウン・ハキーム=フェイエットビル(共同)