2019.5.12 15:17

佐藤悠基「余裕持ち」2位 仙台ハーフマラソン

佐藤悠基「余裕持ち」2位 仙台ハーフマラソン

1時間2分30秒で日本人最高の2位の佐藤悠基=弘進ゴムアスリートパーク仙台

1時間2分30秒で日本人最高の2位の佐藤悠基=弘進ゴムアスリートパーク仙台【拡大】

 仙台国際ハーフマラソンは12日、仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台発着で行われ、男子はケニア出身のアレクサンダー・ムティソ(NDソフト)が1時間1分10秒で制し、佐藤悠基(日清食品グループ)が1時間2分30秒で日本人最高の2位だった。村山謙太(旭化成)が佐藤と17秒差で3位、橋本崚(GMO)が4位だった。

 佐藤は村山謙に競り勝ち、日本男子最高の2位。「終始余裕を持ち、うまくレースの流れに乗れた。内容としては合格点」と笑顔を見せた。

 ムティソが抜け出し、中盤からは日本人同士で2位争い。「自分の余力を考えて、残り2キロくらいからペースアップしても押し切れる」と展開を読み、狙い通り最後に突き放した。32歳のベテランは「今後に向けて、競って勝てない相手だと植え付けるレースにしたかった」。7月にもう一度ハーフマラソンのレースに出るなどし、9月の東京五輪マラソン代表選考会に備えるという。