2019.5.7 18:21

日体大・駅伝監督に横山氏 昨秋に暴力などで交代

日体大・駅伝監督に横山氏 昨秋に暴力などで交代

 日体大は7日、陸上部駅伝ブロックの新体制を発表し、監督を陸上部の横山順一部長(55)が兼任し、コーチにOBの小野木俊氏(24)が就任すると発表した。

 日体大は昨年9月に部員への暴力やパワーハラスメント行為で駅伝ブロックの監督を解任。その後、渡辺公二氏(81)を総監督に迎え、陸上部監督の小林史明氏(44)が駅伝ブロックの監督を兼任していた。

 渡辺総監督は3月末に任期満了で退任。男子棒高跳びの元日本記録保持者、小林氏は引き続き陸上部の監督を務める。