2019.5.1 10:00(1/3ページ)

【サンスポ×日体大】37歳の挑戦!ハンドボール男子・宮崎の執念

【サンスポ×日体大】

37歳の挑戦!ハンドボール男子・宮崎の執念

特集:
サンスポ×日体大
鍛え抜かれた肉体をいかして、力強いシュートを放つ37歳の宮崎。躍動感あふれるフォームだ

鍛え抜かれた肉体をいかして、力強いシュートを放つ37歳の宮崎。躍動感あふれるフォームだ【拡大】

 2020年東京五輪開幕まで、5月1日で450日。出身大学別最多62人の夏季五輪メダリストを輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第15回は、4月から日体大に再入学したハンドボール男子の宮崎大輔(37)=体育学部3年=を特集する。平成を代表する“ハンドボール界のレジェンド”は新元号「令和」を学生で迎えた。東京五輪のコートに立つために異例の再入学を決断し、母校で原点回帰する。 (取材構成・石井文敏、鈴木智紘)

 元気はつらつな学生とともに37歳、宮崎の姿があった。コート内を縦横無尽に走る。横浜・健志台キャンパス第1体育館。日体大再入学への思いを激白した。

 「ハンドボール人生、最後の挑戦。悔いが残らないように、基礎からたたき直す。(このままだと)自然に引退になっちゃう。最後までやり切りたい」

 約2年の大学生活が過ぎた2001年に日体大を休学し、海外でのプレー機会を求めてスペインに留学した。日本代表を長らく牽引(けんいん)してきた実力者も近年、日本リーグ・大崎電気で出場機会が限られるようになり、今年3月にプロ契約を打ち切った。新元号・令和を学生で迎えた。見据えるのは、既に開催国枠で出場権を持つ来夏の東京五輪だ。

 「若い選手に負けない体力をつける。(自身のポジションである)サイドが一番走るので。日体大で練習を始めて(効率の良い)走り方などを再確認できている。スピード、体力、技術を求めていきたい」

 代表生き残りへ、堅守速攻が自慢の母校で基礎から学び直し、走破できる体力を取り戻す。収入はゼロで貯金を切り崩しながらの学生生活だが、「(大崎電気に比べて)練習は時間も量も2倍以上」と充実の表情を浮かべる。チーム練習は平日午後4時15分から午後7時などで週6回。年の差がダブルスコアの1年生と同じ練習をこなす。

 また「自分のため、競技ではどう生かせるかと考えながら聞いていると面白い」と3年生として授業にも出席。スポーツ心理学など座学にも取り組む文武両道の日々だ。コミュニケーション論では「納得するコミュニケーションをとらないと意味がない」と相手の立場や考え方を踏まえる重要性を再確認した。

【続きを読む】

  • 先月13日、関東学生春季リーグ戦、中大との開幕戦に勝利し、チームメートと記念撮影する宮崎(前列右から2人目)。チームに溶け込んでいる(撮影・尾崎修二)
  • 鍛え抜かれた肉体をいかして、力強いシュートを放つ37歳の宮崎。躍動感あふれるフォームだ
  • 鍛え抜かれた肉体をいかして、力強いシュートを放つ37歳の宮崎。躍動感あふれるフォームだ
  • 鍛え抜かれた肉体をいかして、力強いシュートを放つ37歳の宮崎。躍動感あふれるフォームだ
  • 鍛え抜かれた肉体をいかして、力強いシュートを放つ37歳の宮崎。躍動感あふれるフォームだ
  • 鍛え抜かれた肉体をいかして、力強いシュートを放つ37歳の宮崎。躍動感あふれるフォームだ
  • 鍛え抜かれた肉体をいかして、力強いシュートを放つ37歳の宮崎。躍動感あふれるフォームだ
  • 鍛え抜かれた肉体をいかして、力強いシュートを放つ37歳の宮崎。躍動感あふれるフォームだ
  • 鍛え抜かれた肉体をいかして、力強いシュートを放つ37歳の宮崎。躍動感あふれるフォームだ
  • ハンドボール男子・日本代表メンバー
  • ハンドボール・日本の過去の五輪成績