2019.4.29 05:03(1/2ページ)

体操界「改元」!谷川がV2 新時代象徴…内村予選落ちの大会を20歳が制す

体操界「改元」!谷川がV2 新時代象徴…内村予選落ちの大会を20歳が制す

特集:
内村航平
得意のあん馬で高得点をマークした谷川がV2を達成した(撮影・川口良介)

得意のあん馬で高得点をマークした谷川がV2を達成した(撮影・川口良介)【拡大】

 体操・全日本個人総合選手権最終日(28日、群馬・高崎アリーナ)世界選手権(10月、ドイツ・シュツットガルト)代表選考会。決勝が行われ、男子は前回覇者の谷川翔(かける、20)=順大=が予選との合計を170・265点とし、2連覇を果たした。代表入りへ前進し、令和のエース誕生へ期待を膨らませた。女子は寺本明日香(23)=ミキハウス=が予選との合計を111・998点とし、4年ぶり2度目の優勝を飾った。

 全日本の平成ラストシーンは、次代のエースによる連覇で締めくくられた。表彰台で天皇杯を抱き、谷川翔は時代の移り変わりを実感した。「平成が終わるんだ…」。昨年とは違う充実感に、20歳は包まれていた。

 「去年はここにいる意味が分からなかったけど、今年は優勝を狙いにいった。当たり前に思えるくらい成長している」

 出だしの床運動はミスでつまずいた。難度を上げた2種目目のあん馬で勝負をかけた。F難度の大技「ブスナリ」に、持ち前の美しい開脚旋回が決まる。種目別選手を除いてトップの14・800点。「やってやったぞ」。得意種目の演技後は雄たけびを挙げ、フロアで大の字になった。

【続きを読む】

  • 男子個人総合で2連覇を果たした谷川翔
  • 全日本体操選手権の個人総合男子で優勝し、表彰式でメダルを手にする谷川翔(中央)。左は2位の萱和磨、右は武田一志=28日、高崎アリーナ
  • 男子個人総合決勝谷川翔の平行棒=高崎アリーナ
  • 男子個人総合決勝谷川翔のつり輪=高崎アリーナ
  • 男子個人総合決勝谷川翔のあん馬=高崎アリーナ
  • 男子個人総合決勝谷川翔の床運動=高崎アリーナ
  • 男子決勝谷川翔の床運動=群馬県高崎市の高崎アリーナ(撮影・川口良介)
  • 男子個人総合決勝武田一志のあん馬=高崎アリーナ
  • 男子個人総合決勝あん馬の演技を終え、ガッツポーズする萱和磨=高崎アリーナ
  • 男子個人総合決勝谷川航の床運動=高崎アリーナ
  • 女子個人総合決勝畠田瞳の床運動=高崎アリーナ
  • 女子決勝バランスを崩し平均台にしがみく杉原愛子=群馬県高崎市の高崎アリーナ(撮影・川口良介)