2019.4.28 22:22

安昌林が東京五輪へ決意 在日3世の世界王者/柔道

安昌林が東京五輪へ決意 在日3世の世界王者/柔道

 昨年の柔道世界選手権男子73キロ級で初優勝した在日3世の安昌林(韓国)の「東京五輪金メダルを目指す激励会」が28日、京都市内のホテルで開かれ、ボクシング元世界王者の徳山昌守氏ら約400人が出席した。

 25歳の安昌林は京都市で生まれ育ち、神奈川・桐蔭学園高、筑波大で活躍。韓国代表を目指して2年で中退し、日本を離れた。今年の世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)では2016年リオデジャネイロ五輪覇者、大野将平(旭化成)の最大のライバルとみられている。

 リオ五輪ではメダルを逃した安昌林。東京五輪に向け「今年も世界選手権で優勝して、来年の五輪も優勝して、世界最強を見せつけようと思う」と抱負を述べた。