2019.4.28 05:02

盟友・山室がエール「必死になる内村航平を見たい」/体操

盟友・山室がエール「必死になる内村航平を見たい」/体操

特集:
内村航平

 体操・全日本選手権男子種目別トライアウト(27日、群馬・高崎アリーナ)男子跳馬の米倉英信(21)=福岡大=が、2月の種目別W杯シリーズ第2戦(メルボルン)で決めて国際連盟(FIG)から命名された「ヨネクラ」を国内大会で初成功させ、15・033点で1位となった。全日本選手権予選の最終順位が確定し、上位30人による28日の決勝進出を逃していた男子の内村航平(30)=リンガーハット=は40位となった。決勝は床運動のみで出場権があったが、左腕痛で棄権する。

 2016年リオデジャネイロ五輪男子団体総合金メダルの山室光史(コナミスポーツ)が、前日26日の全日本選手権で予選落ちした盟友の内村にエールを送った。日体大の同期でリオ五輪では団体総合でともに戦った。絶対王者の苦楽を知る30歳は「落ちるところまで落ちたら上がるしかない。今までになく必死になる内村航平を見てみたい」。この日は跳馬で11位、平行棒で36位だった。