2019.4.27 08:23

張本破った19歳安宰賢が4強入り「想像もしていなかった」/卓球

張本破った19歳安宰賢が4強入り「想像もしていなかった」/卓球

特集:
張本智和

 卓球の世界選手権個人戦第6日は26日、ブダペストで行われ、日本勢が敗退した男子シングルスで安宰賢(韓国)とマティアス・ファルク(スウェーデン)が4強入りして銅メダル以上を決めた。

 韓国選手同士の対戦となった男子シングルス準々決勝は、19歳で世界ランキング157位の安宰賢が同10位の張禹珍を4-3で破って準決勝進出を決めた。「メダルを獲得できるなんて想像もしていなかった」と興奮気味に話した。

 予選から勝ち上がり、4回戦では張本智和(木下グループ)を撃破するなど台風の目となっている。「とても気分がいい。準決勝も勝てるようにベストを尽くす」と意気込んだ。(共同)