2019.4.27 20:39

内村航平、予選は全体40位 白井健三は22位 トライアウト含む順位/体操

内村航平、予選は全体40位 白井健三は22位 トライアウト含む順位/体操

特集:
内村航平

 体操の個人総合の全日本選手権で26日に男子予選37位で決勝進出を逃した内村航平(リンガーハット)の順位が27日、全体40位に変更された。日本体操協会によると、27日に群馬県の高崎アリーナで行われた男子の種目別トライアウトで個人総合の全6種目を演技した選手の成績を全日本選手権の予選の順位に反映したという。

 白井健三(日体大大学院)は21位から全体22位、予選落ちした田中佑典(コナミスポーツ)は36位から全体39位となった。

 同協会によると、ユニバーシアード夏季大会(7月、ナポリ=イタリア)代表入りを目指し、各大学からの推薦を受けた選手が27日に全6種目を演技した。本来は全日本選手権に出場する資格がないが、今回は順位に含めることにしたという。