2019.4.27 20:06

宇野、ショーでも4回転跳ぶ 習熟に積極的/フィギュア

宇野、ショーでも4回転跳ぶ 習熟に積極的/フィギュア

特集:
平昌五輪
宇野昌磨
アイスショーで演技する宇野昌磨=新横浜スケートセンター

アイスショーで演技する宇野昌磨=新横浜スケートセンター【拡大】

 昨年の平昌五輪フィギュアスケート男子で銀メダルを獲得した宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=らが27日、KOSE新横浜スケートセンターで行われたアイスショー「プリンスアイスワールド横浜公演」に出演した。

 宇野は今年から新しく使っているショー用プログラム「グレート・スピリット」を披露。途中に4回転ジャンプを織り込むなど攻めた内容だった。フィナーレ前のあいさつの際には、国際連盟(ISU)公認大会ではまだ誰も成功していないトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-4回転トーループの連続ジャンプにも挑戦したが、トーループで転倒した。

 「(今月中旬の)国別対抗戦の時からいっているように、(トリプルアクセル-4回転トーループは)来季、プログラムに入れたい。こういう場で跳ぶのは自信になると思ってやっている」と挑んだ理由を説明した。

 「昨季はジャンプの完成度を高めることを目標にやっていたが、男子ではジャンプのレベルアップのスピードがとてつもなくなって、満足いく結果には届かなかった」と今季を振り返り、「再び挑戦したい気持ちが芽生えている。来季は、跳んだことのないジャンプを入れていきたい」と上を向く。

 「昨年のオフシーズンは、ショーでのジャンプの難度は下げていたが、今年はショーでも4回転を跳ぶことで試合での自信になればと思っている」と、ショーから積極的に披露していく考えを表した。

 「プリンスアイスワールド横浜公演」は28~29日と5月3~5日にも各日2部で行われ、宇野は全日程に出場予定。いずれも当日券の販売がある。

  • アイスショーで演技する宇野昌磨=新横浜スケートセンター
  • アイスショーで演技する宇野昌磨=新横浜スケートセンター