2019.4.26 23:19(1/3ページ)

【試合結果】錦織、3年ぶりベスト4進出!世界104位にストレート勝ち バルセロナOP/テニス

【試合結果】

錦織、3年ぶりベスト4進出!世界104位にストレート勝ち バルセロナOP/テニス

特集:
錦織圭
シングルス準々決勝 ロベルト・カルバリェスバエナと対戦する錦織圭=バルセロナ(AP)

シングルス準々決勝 ロベルト・カルバリェスバエナと対戦する錦織圭=バルセロナ(AP)【拡大】

 男子テニス・バルセロナ・オープン(26日、バルセロナ)シングルス準々決勝で第4シードの錦織圭(29)=日清食品=が世界ランキング104位のロベルト・カルバリェスバエナ(26)=スペイン=を6-4、7-5で下し、準優勝した2016年大会以来、3年ぶりに準決勝進出を果たした。準決勝では同14位のダニール・メドベージェフ(23)=ロシア=と対戦する。世界ランク7位の錦織は14、15年大会で2連覇している。

 錦織は第1セット、第1ゲームでいきなりブレークに成功。第4ゲームをラブゲームでキープするなど、その後も安定したプレーを披露した。第10ゲームでは2度のブレークポイントをしのぎ、セットポイントを奪いこのセットを先取した。

 第2セット、錦織は第1、第5ゲームで40-0としながらブレークできず。互いにサービスキープの展開が続いたが、第11ゲームでついにブレークに成功。このゲーム中にカルバリェスバエナが右足を痛め、メディカルタイムアウトを取り試合が一時中断したが、錦織は集中力を切らさず。第12ゲームをキープして、マッチポイントを奪った。

【続きを読む】