2019.4.26 05:01

張本、チキータ不発…まさか4回戦敗退/卓球

張本、チキータ不発…まさか4回戦敗退/卓球

特集:
張本智和
男子シングルス4回戦で敗れ、うなだれる張本智和=ブダペスト(共同)

男子シングルス4回戦で敗れ、うなだれる張本智和=ブダペスト(共同)【拡大】

 卓球・世界選手権個人戦第5日(25日、ブダペスト)男子シングルス4回戦で張本智和(15)=木下グループ=は韓国選手に2-4で敗れ、丹羽孝希(24)=スヴェンソン=はクロアチア選手に4-2で勝って準々決勝に進出した。女子シングルス準々決勝で平野美宇(19)=日本生命、加藤美優(20)=日本ペイントホールディングス=が敗退。前日24日の混合ダブルス準々決勝では吉村真晴(25)=名古屋ダイハツ、石川佳純(26)=全農=組がスロバキアのペアに4-2で競り勝ち、銅メダル以上が決まった。

 がっくりと膝を折って立ち上がれなかった。男子シングルスで金メダルを期待された張本が、8強の前回に届かず4回戦敗退。世界ランキング157位で19歳の伏兵、安宰賢(韓国)に得意の「チキータ」レシーブを封じられ、「実力が足りなかった」と涙。ジュニア時代にしのぎを削った相手の投げ上げサーブにチキータが不発。アウトを繰り返し、返球できてもコースが甘く3球目に強打を狙い打たれた。

  • 男子シングルス4回戦、ポイントを奪われ、顔をしかめる張本智和=ブダペスト(共同)
  • 男子シングルス4回戦、サーブを放つ張本智和=ブダペスト(共同)
  • 女子シングルス準々決勝中国の劉詩ブンに敗れた加藤美優=ブダペスト(共同)
  • 女子シングルス準々決勝中国の丁寧(手前)に敗れた平野美宇=ブダペスト(共同)
  • 女子シングルスで4回戦を突破し、喜ぶ平野美宇=ブダペスト(共同)
  • 男子シングルス4回戦、プレーする丹羽孝希=ブダペスト(共同)
  • 女子シングルス4回戦ポイントを奪われ、さえない表情の石川佳純=ブダペスト(共同)
  • 混合ダブルス準々決勝プレーする吉村真(右)、石川組=ブダペスト(共同)