2019.4.26 15:38

漫画「はじめ一歩」の30周年記念トーナメント開催/BOX

漫画「はじめ一歩」の30周年記念トーナメント開催/BOX

漫画「はじめの一歩」の作者、森川ジョージ

漫画「はじめの一歩」の作者、森川ジョージ【拡大】

 プロボクシングの興行会社「DANGAN」は26日、ボクシング漫画「はじめの一歩」の連載30周年を記念した「フェザー級トーナメント」の開催を発表した。優勝賞金100万円をA級の8選手で争う。

 漫画の主人公、幕之内一歩がフェザー級を主戦場としていたことから、同階級で開催することになった。6月10日まで出場者を募集し、応募が多数の場合は、ランキング、戦績などを考慮して選考する。6回戦の予選4試合は8月27日、11月19日の準決勝から8回戦で、決勝は来年2月の予定。優勝者には世界ランカーと対戦の機会を与える。

 会見に出席した作者で、JB SPORTSボクシングジムの森川ジョージ会長(53)は「漫画でもトーナメントが一番盛り上がる。賞金がかかっているので、お客さんを楽しませるようなガツガツした選手に出場してほしい」と期待を込めた。

 「はじめの一歩」は1989年から「週刊少年マガジン」に連載され、今年で30周年。漫画としての連載期間は4位。124巻まで発行され、累積発行部数は9400万部を超えている。