2019.4.25 08:37

石川、女子シングルスでは敗退…いい流れに乗れず「情けない」/卓球

石川、女子シングルスでは敗退…いい流れに乗れず「情けない」/卓球

特集:
石川佳純
女子シングルス4回戦 ポイントを奪われ、さえない表情の石川佳純=ブダペスト(共同)

女子シングルス4回戦 ポイントを奪われ、さえない表情の石川佳純=ブダペスト(共同)【拡大】

 卓球の世界選手権個人戦第4日は24日、ブダペストで行われ、女子シングルス4回戦は平野美宇(日本生命)加藤美優(日本ペイントホールディングス)が勝って8強入りし、石川と佐藤瞳(ミキハウス)は敗退。

 石川は女子シングルスではフルゲームの末に、まさかの4回戦敗退を喫した。混合ダブルスで表彰台を決めた直後の試合だったが、いい流れに乗れず「情けない」とうなだれた。

 最初の試合の開始が午前10時で、最後は午後11時半ごろに終了する長い一日だった。「きつくないと言えばうそになるが、特に関係はない。ちょっと焦りが出て、レシーブで迷ってしまった」と語った。(共同)