2019.4.25 13:48

内村航平、両肩に痛み「首から下は全部」状態説明/体操

内村航平、両肩に痛み「首から下は全部」状態説明/体操

特集:
内村航平
会見を行う内村航平

会見を行う内村航平【拡大】

 体操の世界選手権(10月、ドイツ・シュッツトガルト)代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権が26日、高崎アリーナで開幕する。25日は会場で会見が行われ、2年ぶりの王座奪還を狙う男子エースの内村航平(30)=リンガーハット=は両肩に痛みを抱えていることを明らかにした。

 昨秋の世界選手権後に左肩を負傷し、中国との合同合宿を行った2月頃から右肩にも痛みが生じるようになったという。「肩だけでなく、首から下は全部痛いようなもの。痛みを引きずりながら今大会を迎える」と状態を説明した。

 床運動を除く5種目は、演技構成の難度を下げる。「今までは練習から自信を持ってきた。それを『確かな自信』と名付けていた。ここまで来ると思うように体が動かない。となると、今までの経験に頼るしかない。『不確かな自信』を持つことも今は大事」と、30歳の第一人者は力を込めた。