2019.4.21 05:03(1/2ページ)

“新生”羽生、令和で4回転半!故郷・仙台のファンの前で宣言/フィギュア

“新生”羽生、令和で4回転半!故郷・仙台のファンの前で宣言/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
平昌五輪
羽生は平昌冬季五輪のフリーで披露した「SEIMEI」の冒頭でみせたポーズを披露した

羽生は平昌冬季五輪のフリーで披露した「SEIMEI」の冒頭でみせたポーズを披露した【拡大】

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が20日、地元の仙台市で行われた、近年の功績をたたえて市が設置するモニュメントのデザイン発表式に出席した。かねて目標に掲げるクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)について言及。前人未到の大技で新時代「令和」を切り開く覚悟を示した。

 ただ跳ぶだけでは心は満たされない。より美しく超大技を決めて、新時代を切り開く。杜の都に帰ってきた羽生は、仙台市青年文化センターで行われた発表式で4回転半への思いを言葉にした。

 「武器を改めて作って、令和に向けて頑張っていきたい。初めて公式試合できれいに決める人になりたい」

 前人未到の領域に意欲を示したのは、2018年平昌冬季五輪後だった。今季から挑戦するつもりだったが、右足首のけがもあって見送ってきた。世界では技の高難度化に拍車が掛かる。1年前は「夢」と語ったが、今は「挑戦するべきもの」。最も難しい基礎点12・50点のジャンプを、出来栄えの加点も含めて得点源とするつもりだ。

 4回転は今季、トーループ、サルコー、ループと3種類をプログラムに組み込んだ。来季はルッツの封印を解き、フリップにも挑戦する意欲をのぞかせており、アクセルを含めて全6種類の習得を目指す。

【続きを読む】

  • 自身のモニュメントのデザイン発表式に参加した羽生結弦=仙台市
  • モニュメントと同じ「SEIMEI」のポーズを披露した羽生結弦
  • モニュメントデザインの発表式で、あいさつする羽生結弦
  • 羽生・モニュメント設置場所