2019.4.18 05:04(1/3ページ)

白鵬、年内にも帰化!日本人として東京五輪土俵入り意欲 将来「一代年寄」で「白鵬部屋」開設へ

白鵬、年内にも帰化!日本人として東京五輪土俵入り意欲 将来「一代年寄」で「白鵬部屋」開設へ

特集:
白鵬
1月8日、明治神宮で奉納土俵入りを行った白鵬。日本人として迎える東京五輪開会式で雄姿を披露できるか

1月8日、明治神宮で奉納土俵入りを行った白鵬。日本人として迎える東京五輪開会式で雄姿を披露できるか【拡大】

 大相撲の横綱白鵬(34)が母国モンゴル国籍の離脱を同国政府に申請していることが17日、分かった。春巡業が行われた東京・大田区総合体育館で自身も認めた。日本国籍取得を視野に入れた一連の手続きとみられ、年内にも「帰化」が認められる可能性が浮上。2020年東京五輪・パラリンピックを日本人として迎え、将来的に「一代年寄」で「白鵬部屋」の開設へと野望が広がる。

 現役として過ごす時間は未来永劫(えいごう)ではない。3月に34歳となった白鵬が、モンゴル国籍を離脱して日本国籍を得る決意を固めたことが表面化した。

 かねて日本への愛着を示し、国籍取得の意向をにじませていた白鵬はこの日、春巡業先の会場で「こういうかたちで早々とニュースになったことにちょっとびっくりしている。いまの時点でああだこうだとはいえない。まだ早いと思う」と戸惑いの表情もみせた。

 17日付の複数のモンゴル主要紙が横綱の国籍離脱申請を報じ、オドリーン・ソニン紙によると、白鵬は申請を先週、大統領府へ提出した。1968年メキシコ五輪・レスリングで銀メダルを獲得し、母国初のメダリストとなりモンゴル相撲の横綱で「英雄」とされていた父・ムンフバトさんが昨年4月死去。喪に服す期間が過ぎたことも考慮されたとみられる。

 この時期に帰化申請した背景には、来年の東京五輪もある。2013年9月の五輪開催決定直後から「新しい目標、夢ができた。20年まで現役で頑張る」と、開会式での横綱土俵入りを熱望。実施されるかは未定だが、モンゴル出身の「日本人横綱」が世界へ向けて存在を発信する大舞台へ、思いをはせる。

【続きを読む】

  • 春巡業先で取材に応じた白鵬。多くは語らなかったが、帰化への手続きが進行中と認めた
  • 【帰化した主な力士】高見山(前国籍・米国)
  • 【帰化した主な力士】小錦(前国籍・米国)
  • 【帰化した主な力士】曙(前国籍・米国)
  • 【帰化した主な力士】武蔵丸(前国籍・米国)
  • 【帰化した主な力士】旭天鵬(前国籍・モンゴル)
  • 【帰化した主な力士】琴欧州(前国籍・ブルガリア)