2019.4.17 05:02

白鵬、三本締めで懲戒処分へ コンプライアンス委の会合で弁明

白鵬、三本締めで懲戒処分へ コンプライアンス委の会合で弁明

特集:
白鵬
コンプライアンス委員会での弁明を終えた横綱白鵬関(共同)

コンプライアンス委員会での弁明を終えた横綱白鵬関(共同)【拡大】

 大相撲の横綱白鵬(34)が3月の春場所千秋楽の優勝インタビューの最後に観客へ三本締めを促した問題で、懲戒処分を受ける可能性が高まったことが16日、分かった。日本相撲協会のコンプライアンス委員会が同日、八角理事長(元横綱北勝海)に処分意見を答申した。

 協会関係者によると、答申を受けて最終判断を下す臨時理事会が来週に開かれる見通し。協会の「懲罰規定」(けん責や出場停止など)に及ぶ案件となりそうだ。

 白鵬はこの日、東京・両国国技館で開かれた同委の会合に出席。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)とともに弁明を行った。白鵬は3月末の理事会で事情聴取された際、「平成最後の場所ということで盛り上げようと思った」という趣旨の説明をして謝罪している。