2019.4.17 18:07(1/3ページ)

東京五輪自転車ロードレース女子代表選考基準を巡り、與那嶺恵理が仲裁を申し立て

東京五輪自転車ロードレース女子代表選考基準を巡り、與那嶺恵理が仲裁を申し立て

表(1)2020東京五輪自転車ロードレース代表選手の男子選考基準(JCFホームページから抜粋)

表(1)2020東京五輪自転車ロードレース代表選手の男子選考基準(JCFホームページから抜粋)【拡大】

 2020東京五輪自転車ロードレース女子代表の選考をめぐって、日本自転車競技連盟(JCF)が選手から仲裁を申し立てられていることが4月17日、分かった。申し立てしたのは、イタリア籍のチームに所属し欧州を舞台に活躍している與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)。代理人の弁護士を通じて、自転車ロードレース五輪代表の選考方法が男女の間で不公平だとして、選考基準の見直しを求め、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)に申し立てを行っている。(cyclist)

 申し立ての内容は、JCFが2018年9月に発表した2020東京五輪自転車ロードレース代表選手の男女の選考基準について、「(1)女子のみ順位を基準とすることの不合理性、(2)女性の選考機会が不当に制限されている」と選考基準の取消しと、適正で男女の平等に配慮した選考基準定立し直すことを求めたもの。「スポーツのあらゆる場面における男女平等を基本原則としたIOCのオリンピック憲章に反し、代表選考における男女の機会均等を大きく損なう」と主張している。

男子はポイント重視、800レース対象

 (1)の選考基準に関して、JCFが昨年発表した基準では、男子については「2018年国際自転車競技連盟(UCI)ワールドランキング配点表のポイントに、該当するランク(表(1)参照)により対応する係数を乗じて計算したポイント合計の上位者から順に選考する」としている。ランクはツール・ド・フランスなどUCIワールドツアーの14レースがAランクで係数が最高の「10」、ランクBが「Aランク以外のUCIワールドツアー及び世界選手権ロードでの獲得ポイント」、以下Hまで8ランクに細分化され、日本一を決める「全日本選手権ロードレース」の獲得ポイントは下から2番目の「Gランク」で係数は「0.5」とあまり重要視されない基準になっている。

【続きを読む】

  • 表(2)2020東京五輪自転車ロードレース代表選手の女子選考基準(JCFホームページから抜粋)