2019.4.17 05:02(1/2ページ)

東京五輪、詳細日程発表 金1号は7・25射撃女子エアライフル

東京五輪、詳細日程発表 金1号は7・25射撃女子エアライフル

記者会見で東京五輪の競技スケジュールを発表する組織委員会の室伏広治スポーツディレクター。午前から熱戦続きになる

記者会見で東京五輪の競技スケジュールを発表する組織委員会の室伏広治スポーツディレクター。午前から熱戦続きになる【拡大】

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日、五輪の詳細な競技日程を発表した。陸上はトラック、フィールドの計9種目の決勝を午前開始のセッションで実施するほか、米プロバスケットボールNBAのスター選手の出場が期待されるバスケットボールやビーチバレーも午前に決勝を始める。午前からメダルを懸けた熱戦が繰り広げられる。開閉会式は夜8時からとなる。

 既に午前決勝と決まっていた競泳と同様、時差のある米国向けテレビ放送のゴールデンタイムに合わせた時間設定となり、巨額の放送権料を支払う米テレビ局の意向が反映された形となった。大会組織委員会は「海外の視聴者の声もあったのは事実」とする一方、「午前も満員を目指すという観点では、非常にバランスのいい仕上がりになった」と強調した。

 男女マラソンのスタート時刻を、暑さ対策の観点から1時間早めて午前6時とすることも正式に決まった。金メダル第1号は、25日の射撃女子エアライフルとなる。8月2日には陸上男子100メートル決勝や女子マラソンなど花形種目が集中。閉会式前日に当たる8日は、野球やサッカー男子など現時点で最多30種目の決勝が行われる。

柔道男子日本代表の井上康生監督「いろいろな種目の選手が活躍する姿を想像するとわくわくする」

柔道女子日本代表の増地克之監督「選手たちが7月25日の初日(競技開始日)にいい形で闘えるように万全の準備を整え、サポートしていきたい」

競泳女子の大橋悠依(イトマン東進)「朝決勝も大事だけど、前の日の夜の予選をどう泳ぐかが大事になる。今から日々シミュレーションしている」

男女のバスケットボール決勝が午前開始に決まった日本バスケットボール協会の田中道博事務総長「見たい人は全世界にいる。バスケは米国が決勝を戦うという構図がある。米国にとっていい時間だ」

【続きを読む】

  • 記者の質問に答える柔道男子日本代表の井上康生監督=16日午後、東京都中央区
  • 記者の質問に答えるソフトボール日本代表の宇津木監督=東京都中央区