2019.4.17 05:03(1/2ページ)

八村、NBA挑戦表明 ゴンザガ大3年「アーリーエントリー」で

八村、NBA挑戦表明 ゴンザガ大3年「アーリーエントリー」で

今季はゴンザガ大の主軸として活躍した八村。来季はNBAに活躍の場を移すことになりそうだ (USA TODAY)

今季はゴンザガ大の主軸として活躍した八村。来季はNBAに活躍の場を移すことになりそうだ (USA TODAY)【拡大】

 【ロサンゼルス15日(日本時間16日)】全米大学体育協会(NCAA)1部のバスケットボール男子でゴンザガ大3年の八村塁(21)が、世界最高峰の米プロNBAを目指すことを自身のツイッターで表明した。6月20日のドラフト会議で指名を受けてNBA入りすれば、日本勢初の快挙。既に米メディアからは上位指名の候補に挙げられており、期待が高まっている。

 歴史の扉を開くときが迫っている。日本のエース・八村がこの日、NBA挑戦を表明。自身のツイッターを立て続けに更新し、仲間への感謝や夢についてつづった。

 「3年間ゴンザガ大でプレイをできた事は、人生において素晴らしい経験でした。新たに大きく、僕の夢に一歩近ずく事ができました。そして今回、NBAドラフトにエントリーする事を家族とコーチと話し決断しました」(原文ママ)

 6月20日のドラフト会議で指名を受けてNBA入りすれば、日本勢では初。来季のNBA入りを実現させるためには、大学卒業を待たずにドラフト対象選手となる「アーリーエントリー」制度に参加する必要があり、今月21日までに意思表明しなければならなかった。

 既に米メディアは上位指名の候補に挙げており、1巡目の全体10番台中盤から20番台前半での指名を予想している。5月中旬には有力選手が各チームの関係者の前で実力を披露する「ドラフトコンバイン」がシカゴで開催される予定で、八村はこのイベントに招待される可能性もある。

 3年生の今季は1試合平均19・7点、6・5リバウンドを記録。チームをNCAAトーナメント8強に導き、全米記者協会などでベスト5選手に選ばれた。

 先月末には国際連盟(FIBA)が2020年東京五輪での開催国枠を日本の男女に付与することを決定。21歳のNBA入りが決まれば、日本バスケットボール界に再び光明が差し込む。

【続きを読む】