2019.4.17 15:10

斉藤裕太、暫定王者・木村隼人と日本バンタム級王座統一戦/BOX

斉藤裕太、暫定王者・木村隼人と日本バンタム級王座統一戦/BOX

 プロボクシングの日本バンタム級王座統一戦の前日計量が17日、東京都内で行われ、同級王者の斉藤裕太(31)=花形=、同級暫定王者の木村隼人(29)=ワタナベ=はともにリミットの53・5キロで一発クリアした。

 斉藤は昨年9月の王座獲得後、潰瘍性大腸炎を発病。治療に専念するため、3カ月間もリングから離れた。「毎日のように血便が出たので、もうボクシングをできないと思っていた」。その後、投薬などで徐々に回復。1月からジムワークを再開し、延期された初防衛戦に向けて調整を続けた。「試合に間に合わないと思ったけど、何とかなかった。今はすごく調子がいい。倒して勝ちたい」と力を込めた。

 一方、木村は昨年12月、斉藤の休養により設けられた暫定王座を獲得した。「王者とはいえ、暫定は、中途半端な感じ。ベルトもあるけど、階級が刻印されていない」と不満を漏らし、「相手は倒しにくるだろうが、やられる気はない。必ず倒す」と王座統一を誓った。