2019.4.16 20:02

阿部詩、左肩を再び痛め強化合宿不参加/柔道

阿部詩、左肩を再び痛め強化合宿不参加/柔道

 柔道の日本女子が16日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を報道陣に公開。52キロ級世界女王の阿部詩(18)=日体大=が2月に負傷した左肩を再び痛めたと、増地克之監督(48)が明らかにした。

 同監督によると、数日前の稽古中に捨て身技をかけられた際に左肩に違和感が出たという。「本人は冷静で、合宿も無理すれば出られると言っていた。治すことを優先することにした」と慎重を期しての合宿不参加であることを強調した。

 阿部は2月19日の練習中に負傷し、3月4日に左肩関節挫傷で2-3週間の加療を要すると診断されていた。その後、治療と回復は順調で、5月10日開幕のグランドスラム・バクー大会出場を視野に稽古に励んでいたが再び左肩を痛めた。

 今年の目標は8月25日開幕の世界選手権(日本武道館)での2連覇。今後の出場大会に関して、同監督は「誰を派遣するかはまだ(決まっていない)。世界選手権から逆算して、いい状態で本番を迎えられるようにしたい」と話すにとどめた。15日から始まった合宿は19日まで行われる。