2019.4.16 19:52

阿部一、脇腹は順調に回復 世界柔道へ「強くなれる」

阿部一、脇腹は順調に回復 世界柔道へ「強くなれる」

シンボルアスリートの認定式に出席した(左から)瀬戸大也、小平奈緒、高木美帆、宇野昌磨、登坂絵莉、三宅宏実、阿部一二三=味の素ナショナルトレーニングセンター

シンボルアスリートの認定式に出席した(左から)瀬戸大也、小平奈緒、高木美帆、宇野昌磨、登坂絵莉、三宅宏実、阿部一二三=味の素ナショナルトレーニングセンター【拡大】

 柔道男子66キロ級で世界選手権2連覇中の阿部一二三(日体大)が16日、東京都内で取材に応じ、全日本選抜体重別選手権(7日)で痛めた左脇腹の状態について「良くなってきている。大丈夫」と順調な回復をアピールした。大会後は休養しているが、近日中に練習再開の見通しだという。

 阿部は昨秋から国内外の大会で3連敗。世界選手権(8月25日~9月1日、日本武道館)代表には選ばれたが、全日本選抜体重別選手権決勝で敗れた丸山城志郎(ミキハウス)に次ぐ2番手の位置付けだった。ただ落ち込んだ様子はなく「前に突き進んでいくしかない。もっと強くなれる気がしている」と明るい表情で語った。