2019.4.16 18:47

棒高跳び山本が最優秀選手 実業団陸上連合表彰式/陸上

棒高跳び山本が最優秀選手 実業団陸上連合表彰式/陸上

 日本実業団陸上競技連合は16日、東京都内で昨年度の表彰式を開き、男子棒高跳びでジャカルタ・アジア大会優勝の山本聖途(トヨタ自動車)が最優秀選手賞を受賞した。21日開幕のアジア選手権(ドーハ)のため欠席した山本はビデオで「アジア選手権と世界選手権でいい記録を残し、来年もいただけるように頑張る」と述べた。

 昨年12月の福岡国際マラソンを2時間7分27秒で制して奨励金500万円を贈られた男子の服部勇馬(トヨタ自動車)は東京五輪代表入りを目標に掲げ「日本記録や自己ベストを目指して練習したい」と語った。

 優秀選手賞はアジア大会男子100メートル3位の山県亮太(セイコー)、同大会男子マラソン覇者の井上大仁(MHPS)らが受賞。最優秀チーム賞は住友電工が選ばれた。