2019.4.14 19:38

JT、ブロック不発で完敗 山本「すごく悔いが残る試合」/バレー

JT、ブロック不発で完敗 山本「すごく悔いが残る試合」/バレー

パナソニックに敗れたJTの選手たち=武蔵野の森総合スポーツプラザ

パナソニックに敗れたJTの選手たち=武蔵野の森総合スポーツプラザ【拡大】

 バレーボールのVリーグは14日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで男子プレーオフ決勝第2戦が行われ、パナソニックがJTを3-0で下して2連勝とし、日本リーグ時代を含め2季連続7度目の優勝を果たした。

 JTはパナソニックの硬軟を織り交ぜた攻撃に対応できずに完敗した。第1セットこそジュースまで粘ったが、第2、第3セットは終始流れをつかめず、山本は「すごく悔いが残る試合をしてしまった」と言葉を絞り出した。

 第1戦では1セット平均で4・4本あったブロックも、この試合では1・67本と不発。ミドルブロッカーの小野寺は「ここまで自分たちが来られたのはブロックの力も絶対ある。ブロックをさせないパナソニックが上手だった」と負けを受け入れた。

  • 第1セット、スパイクを決めるパナソニック・山内=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 第2セット、スパイクを決めるパナソニック・大竹=武蔵野の森総合スポーツプラザ