2019.4.14 05:01

久光製薬が連覇!岩坂「意地」で黒後止めた/バレー

久光製薬が連覇!岩坂「意地」で黒後止めた/バレー

久光製薬-東レ ゴールデンセット、ポイントを奪い喜ぶ岩坂(4)ら久光製薬の選手=武蔵野の森総合スポーツプラザ

久光製薬-東レ ゴールデンセット、ポイントを奪い喜ぶ岩坂(4)ら久光製薬の選手=武蔵野の森総合スポーツプラザ【拡大】

 バレーボール・Vリーグ1部プレーオフ(13日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)女子決勝が行われ、久光製薬が東レを下し、2季連続7度目の優勝を果たした。第2戦を落として1勝1敗となった後、1セットで勝敗をつけるゴールデンセットを25-18で制した。最高殊勲選手賞には久光製薬のアキンラデウォ、敢闘賞には東レのクランが選ばれた。

 もつれ込んだゴールデンセット。ミドルブロッカー(MB)岩坂が5-3で相手エースの黒後を止めた。8-5でも再び岩坂が黒後をブロック。岩坂は「意地でしたね」と語った。酒井監督はゴールデンセットに入る前「ブロックと守備の強みを出していこう」と短く指示。要のMB陣が見事に応えた。わずかな時間でスタイルを取り戻し、東レの攻撃を封じた。

  • 第1セット、ポイントを奪い喜ぶ久光製薬の(左2人目から)石井、岩坂ら=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 第4セット、スパイクを決める久光製薬・野本=武蔵野の森総合スポーツプラザ