2019.4.10 05:02

渡辺一平、世界新で金獲る! 7月「世界水泳」代表発表/競泳

渡辺一平、世界新で金獲る! 7月「世界水泳」代表発表/競泳

特集:
世界水泳
会見に出席した競泳日本代表。(前列左から)入江、瀬戸、大橋、長谷川、(後列左から)水沼、松元、渡辺、平井監督 (撮影・尾崎修二)

会見に出席した競泳日本代表。(前列左から)入江、瀬戸、大橋、長谷川、(後列左から)水沼、松元、渡辺、平井監督 (撮影・尾崎修二)【拡大】

 日本水連は9日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで会見を開き、競泳の世界選手権(7月、韓国・光州)の日本代表を発表した。7日の日本選手権男子200メートル平泳ぎを2分7秒02の好タイムで初制覇し、代表入りした渡辺一平(22)=トヨタ自動車=は、自身が持つ世界記録の更新を宣言。金メダルを獲得し、2020年東京五輪の代表内定をつかむことを目標に掲げた。

 会見場に現れた渡辺が世界記録更新を宣言だ。世界選手権で自身が持つ記録2分6秒67を大きく塗り替え、2分5秒台をたたき出すイメージを膨らませた。

 「僕のすべきことは世界記録を更新して優勝し、東京五輪代表を内定させること」

 前日8日まで行われた日本選手権の男子200メートル平泳ぎでは、150メートルの時点で世界記録を0秒59上回った。最後の50メートルで失速し、2017年1月にマークした世界記録に0秒35届かなかったが、着実に力がついている実感がある。世界選手権の金メダルで内定(20年の日本選手権出場が条件)する東京五輪切符の獲得に自信を見せた。

 昨年10月にはEXILEのライブや卓球のTリーグ開幕戦を観戦。「(自分のレースでも)会場を沸かせたいという気持ちになった」と刺激を受けた。課題のラスト50メートルは今月末に中国・広州で行われる高額賞金レースに出場するなど、試合をこなす中でスタミナアップととともにペース配分を磨いて克服する。

 不調の萩野公介(24)=ブリヂストン、白血病と闘っている池江璃花子(18)=ルネサンス=が不在の日本代表。2年前の大会は銅メダルに終わった渡辺が、大記録で競泳ニッポンを盛り上げる。 (角かずみ)

  • 競泳日本代表選手発表会に出席し、笑顔を見せる渡辺一平=味の素ナショナルトレーニングセンター(撮影・尾崎修二)
  • 競泳日本代表選手発表会に出席し、入江陵介(左)に耳打ちされる渡辺一平=味の素ナショナルトレーニングセンター(撮影・尾崎修二)
  • 競泳日本代表選手発表会に出席した瀬戸大也=味の素ナショナルトレーニングセンター(撮影・尾崎修二)
  • 競泳・世界選手権日本代表