2019.4.9 05:01

八重樫、2回TKO勝ち!年内にも日本選手初4階級制覇だ/BOX

八重樫、2回TKO勝ち!年内にも日本選手初4階級制覇だ/BOX

TKO勝ちの八重樫東=後楽園ホール(撮影・矢島康弘)

TKO勝ちの八重樫東=後楽園ホール(撮影・矢島康弘)【拡大】

 プロボクシング(8日、後楽園ホール)元世界3階級制覇王者の八重樫東(36)=大橋=がスーパーフライ級ノンタイトル10回戦で、サハパープ・ブンオップ(23)=タイ=に2回2分25秒TKO勝ち。世界前哨戦と位置づけられた同級転向3戦目を制し、年内にも日本選手初の4階級制覇を目指す。

 八重樫が世界前哨戦に完勝した。昨年8月以来の試合で、2回に3度のダウンを奪うTKO勝利。「ボクシング人生を続けられるのがうれしい。目標の4階級制覇を必ずやりたい」。標的は2つ。3月に挑戦が内定しながら実現しなかったWBC同級王者のシーサケット・ソールンビサイ(タイ)と、6月にもWBO同級王座決定戦に出場する見込みの井岡一翔(Reason大貴)。陣営は年内にも実現させたい意向で、八重樫は「相手は誰でもいい。やるからには勝ちに行きたい」と意気軒高だ。

  • 1回、サハパープ・ブンオップ(右)を攻める八重樫東=後楽園ホール
  • 2RTKO勝ちする八重樫東(赤)=後楽園ホール(撮影・矢島康弘)
  • 2RTKO勝ちで笑顔を見せる八重樫東=後楽園ホール(撮影・矢島康弘)