2019.4.8 05:03(1/3ページ)

丸山、阿部撃破で堂々の世界切符!ハイレベルで五輪まで続くライバル物語/柔道

丸山、阿部撃破で堂々の世界切符!ハイレベルで五輪まで続くライバル物語/柔道

13分以上に及んだ死闘を制した丸山(右)は雄たけびを上げた。敗れた阿部はしばらく動けなかった

13分以上に及んだ死闘を制した丸山(右)は雄たけびを上げた。敗れた阿部はしばらく動けなかった【拡大】

 柔道・全日本選抜体重別選手権最終日(7日、福岡国際センター)世界選手権東京大会(8月25日-9月1日、日本武道館)の代表最終選考会。男子66キロ級は丸山城志郎(25)=ミキハウス=が世界選手権2連覇の阿部一二三(21)=日体大=との13分を超える熱戦を優勢勝ちし、2年連続2度目の制覇。初めて世界選手権の代表に選ばれた。男子73キロ級は2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの大野将平(27)=旭化成=が、3年ぶり3度目の優勝を果たした。

 代表が懸かる大一番で、これ以上ない強烈なアピールだ。普段は寡黙な丸山が、決勝でライバルの阿部を破ると、雄たけびを上げて喜びを爆発させた。

 「意地と意地のぶつかり合いだった。気持ちの勝負で上回ったのを見てもらえたと思う」

 13分23秒に及んだ死闘を制した。先に指導2つを受けて追い込まれたが焦りはなかった。延長に入ると、丸山は天理大の後輩から「カミソリ」と評される得意の内股で攻め続けた。最後は「奇襲技」と表現するともえ投げに似た技で阿部の右肩を畳につけた。途中で両者が激しく場外の看板にぶつかる場面もあった熱戦に終止符を打った。

【続きを読む】

  • 男子66キロ級で優勝を逃し、表彰式後にメダルを外す阿部一二三=福岡国際センター
  • 男子66キロ級で優勝した丸山城志郎=福岡国際センター
  • 男子66キロ級決勝阿部一二三(右)を破り優勝した丸山城志郎=福岡国際センター
  • 男子66キロ級決勝で丸山城志郎に敗れた阿部一二三=福岡国際センター
  • 男子73キロ級の大野将平=福岡国際センター
  • 女子57キロ級決勝で玉置桃(奥)を破り優勝し、表彰式で涙ぐむ芳田司=福岡国際センター
  • 志々目愛(下)を破り優勝した角田夏実=福岡国際センター
  • 山崎珠美(左)を破り優勝した古賀若菜=福岡国際センター
  • 阿部と丸山の比較
  • 柔道・阿部、丸山の直近1年の主要大会成績
  • 丸山城志郎の阿部一二三戦全成績
  • 柔道・世界選手権男女日本代表個人戦メンバー