2019.4.8 12:25

須崎とペア解消の木原、今後は「肩の治療を第一に考え…」/フィギュア

須崎とペア解消の木原、今後は「肩の治療を第一に考え…」/フィギュア

特集:
平昌五輪
須崎海羽(左)、木原龍一

須崎海羽(左)、木原龍一【拡大】

 2018年平昌冬季五輪フィギュアスケート代表の須崎海羽(19)、木原龍一(26)組(木下グループ)がペアを解消した。8日、日本連盟が発表した。

 ともに競技を続ける意向。木原は2月の四大陸選手権前の練習中に脳しんとうを起こし、3月の世界選手権まで欠場が続いた。「ここ数年けがが続き、辛い時期もありましたが、皆様の応援のおかげで何度も救われ乗り越えることができました。今後は肩の治療を第一に考え、一日も早くペアスケーターとして氷上に戻れるよう過ごしていきたい」との談話を出した。

 須崎は「この4年間で、人間としても1人のスケーターとしても成長できたように思います。貴重な経験をさせてもらえて本当によかった」とコメントした。

 2人は15年にコンビを結成し17、18年の全日本選手権で2連覇。平昌五輪では21位だった。